カテゴリ:子育て( 1 )

2010年 11月 15日
芋版画
日曜日。ちびまる子ちゃんの DVDで版画の存在を知った5歳の娘に版画をやりたいと言われ、芋版画をすることにしました。輪切りにした芋に「何を彫りたい?」と聞くと「 LOVE」だそうです。このませガキ。「LOVE」の鏡文字を書いてあげ、彫らせます。初めての彫刻刀ですから、けして自分の身体がある方に向けて彫らないなど使い方を教えれば、芋だから以外とすんなりと彫りました。絵の具絵をつけて紙に押し付ける。次は自分の名前。カタカナだと彫り易いから「レオナ」。外出中の妻に手紙を書いて判子を押す。人類が何千年もやってきたコミュニケーションですね。

d0166416_0591781.jpg
d0166416_0592072.jpg
d0166416_0592358.jpg
d0166416_0592971.jpg
d0166416_059338.jpg



我が家では比較的早くから本人が望めばいろんな画材や道具を使わせています。3歳くらいで絵具も使わせたし、はさみもその頃。妻が美大のデザイン科にいた頃の画材があったので、マーカーやパステルも使います。そして、包丁。包丁は無駄な力をかけなくても済むように良く切れるもの使わせ、子どもを信じて、手を貸さないようにして見守る。もうハラハラしてじっとしてられないんですが、なんとか我慢する。
道具を使うことは、本当に大切なことだと思っています。それは人が生きていく上で絶対に必要なことだから。でも最近では、道具を使ってものを描いたり作ったりすることよりも、頭で知識を増やすようなことばかりが重要視されすぎていると感じています。道具を使うことが人類の歴史そのものなのだから、それだけで必要な知識の半分は得られるんじゃないかと僕は思うんですけどよね。
[PR]

by hiroshiyamasaki | 2010-11-15 01:11 | 子育て