2013年 03月 02日
ここに、建築は可能か
「ここに、建築は可能か」というシンポジウムに行きました。これは同じタイトルでTOTOのギャラリー・間という建築家のためのギャラリーで開催されてる展覧会の関連イベントですが、伊東豊雄氏をはじめとする建築家による東北の被災地での活動を報告したものです。
伊東氏は震災後まもなく被災地に住民の皆さんが寄り合える場所を作ろうと「みんなの家」というプロジェクトを立ち上げました。ここで、彼が問いたいのは、直截的には被災にあった人々やまちのために建築家は貢献できるか、役に立ち、元気を与える建築を作ることができるかということだと思いますが、それは同時にやもすると社会から離れてしまった建築が社会性を取り戻せるかということでもあります。
被災地はもちろんのこと、全国のいろんな場所で建築的なあるいはランドスケープ的なアイデアが必要とされているところはたくさんあると思います。
僕がふと思ったのは、暮らしている市川市のことで、ずいぶん前にもブログに書いたこともある外環自動車道のことです。既成住宅地を横断するこの大規模な道路工事は、着実と工事が進められていて、工事の柵が見える風景ももはや日常となりました。
しかし、改めて見れば、それは広大な土地を相手にした大土木事業で、その寒々しい風景は、とても豊かであるはずの先進国のそれではありません。かつてあった住宅地のコミュニティーは分断されただけで、つながりを持続させようとするアイデア一つそこでは実践されていません。

d0166416_17441212.jpg

d0166416_17443275.jpg


津波に対する対策にしてもそうですが、高くて強固な堤防を築くとかそういう方法だけで、解決しないようにしてほしいものです。
それよりもコミュニティーをまず大事にする。コミュニティーを育む風景の創造、環境を重視する先進国にふさわしい開発の方法を模索する必要があると思うのです。

by hiroshiyamasaki | 2013-03-02 17:37


<< 「夜明けまえ」      芝の家 >>